プロフィール

  人工無能

Author:  人工無能

サーバー:さくら
職 業 :撲師(殴り魔)
L V :95

桜鯖にて撲師の普及と育成を行っています。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
防御を取るかその他を取るか。
さてさて、今回はAP振りでは上がらないステータスについてのお話。

殴り魔以外の皆さんは大して気にされていないポイントで、物理防御と言うのがあります。
普通に育成されている分には、どんどんLVに応じた装備に取り替えることで一定づつではありますが上がっていくものです。

ところが、殴り魔育成やっているとぶつかる壁の一つなのですが、装備品があんまりありません。
と言うよりも、ステータス足りなくて着れない事が多いのです。各言う私もLV95現在にしていまだに上着は「ガラム」ズボンは「ミリタリーパンツ」にとどまっています。

他の殴り魔さんのお話を聞いても防御強化されている方が居ないんですよね。
多くはSTRやDEX、命中、HPの強化に当てられる方が多いようです。
そんななか私、人工無能は異端なのかもしれませんが、防御強化の利点について書くことにします。



■ 防御強化をすることの利点 

其の壱:物理ダメージが減る(当たり前)
この当たり前が大事かと。 物理ダメージが減る>回復する薬代減る>お金減りにくい!
3段論法が通用するのですっ!!

其の弐:やっぱり物理ダメージが減る(大事なことなので2回言いました)
以前のパッチによりLVに応じた防御力を持っていないと披ダメージが大きくなるとの物が出ました。
これは今まで 防御力2=ダメージ1軽減 の公式だったものが、LVに応じた防御力でダメージ率が変わってくると言う物に。詳細のところは分かっていませんが、LVが上がれば上がるほど必要最低限防御力が上がってくるという代物です。

其の参:強化書が比較的安い
他のステータスUPに比べ格段に強化書が安いので手が出し安いのです。
ただでさえ稼ぎが少ない殴り魔ですもの、節約節約。

其の四:他のステータスはAP振りで上げられる
上記のように他のステータスはLVさえ上がればAPを振ることで上げられますが、防御力だけは装備に依存するしかないのです。つまり在り物で何とかするしかないのでっす!


以上が私が防御強化をしている理由なのです。

まぁ他にも「自己回復分しか出来ないヒールでは回復量を抑える為に披ダメを抑える」ですとか、「そうすればINTに振るAP少なくて済む」とか、「そのぶんAPをSTRに振れる」とかさもしい事考えてるんですけどねっ☆


スポンサーサイト
育成情報 | 【2008-08-17(Sun) 20:45:43】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
ステータス振りによる育成分類
殴り魔育成している方は既にご存知の方もいらっしゃるでしょうが、育成はじめたばかりの方や、これから育成はじめてみようかしら?とお考えの方へ向けてステータス振りにより変化する殴り魔の成長を少しばかり書いてみようと思います。

メイプルストーリー(以下メイポ)では自己ステータスの自由な振りが認められています。
LVUP毎にAPと呼ばれるポイントを5pt分け与えられ、それを「HP・MP・STR・DEX・INT・LUK」へ振り分けてキャラクターの成長をさせていきます。

さて、では殴り魔では“ドコ”にAPを振れば“ナニ”がアップするのでしょうか?
答えは簡単。ほかの職業と変わりません。(上がり幅には違いがあります)

HPへ振ればHPが、MPへ振ればMPが増えるのはそのまんま。
この数値はAPを振らなくてもLVUPと共に増えていきます。(職業、ステータス依存)

STR : 攻撃力
DEX : 攻撃力小+命中
INT : 魔法攻撃力+魔法HIT率
LUK : 回避率+命中+魔法HIT率

大まかに上のようにステータスが上がります。
詳しい上がり幅などは他サイトさんに詳細が乗っているのでそちらで確認されると良いでしょう。
※記事発見しLINK交渉出来次第添付予定

素のキャラクターステータスとしては上記のような上げ方が全てと考えて良いと思います。
(ほかにあったら教えてくださいませ。)


さて、上記の様な成長を自分のキャラクターにどの様に反映させるのか。これが自分の目指す殴り魔の特徴となっていくのです。


そもそも自分の職業は「魔法使い」2次職になるときには「火毒系・氷雷系・聖系」と系列が分かれ、スキルもそれぞれ違ったものになっていきます。どんなスキルを使いたいのか、どんな狩りがしたいのか、どんな遊び方をしたいのかを、よくよく考えた上で早い時期に決める必要があります。
※職業別殴り魔種類分けはこちら

上記を踏まえた上で、以下のようなステータスによる分かれ方をします。


■ 純正型(STR+DEX)
STRにAPほぼ全てを振る事で物理攻撃力のみを高める育成方法。
狩りに応じて命中率を上げていく事が必要となる。(DEXor装備強化)

■ 純正型(STR+LUK)
STRにAPほぼ全てを振る事で物理攻撃力のみを高める育成方法。
上記と違い命中率をLUKを上げることで獲得。回避率も上がるが、命中率の上がり幅が少ない。

■ 両立型(STR+DEX+INT)
純正型に比べ攻撃力は劣るが魔法も当たれば使える程度になる育成方法。
振り分けの具合は各々必要に応じて。

■ 両立型(STR+INT+LUK)
純正型に比べ攻撃力は劣るが魔法も当たり易いし回避もあがる。
しかし物理命中が上がり難い点が挙げられる。

■ 万能型(STR+DEX+INT+LUK)
全てにおいて中途半端、器用貧乏とも言う。それぞれの振り分け具合が難しい育成方法。
使用武器によっても人それぞれ。


以上が大まかな分類となります。

もちろんそれぞれの中で派生した育成方法や、まったく新しい育成方法もあります(HP・MPに多量にAPを振るとか)のでさらに詳しく知りたい方は探してみるのも良いでしょうし、自ら開発するのも良いでしょう。自分の遊び方に合った育成方法を探してみてください。



ちなみに、人工無能は「器用貧乏」です。


育成情報 | 【2008-08-17(Sun) 19:01:00】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
最近のスタータス発表
現在のステータスがどの様になっているかを知りたいとのご要望が有りましたので、
最近の育成状況を発表します。

私の育成指針として、殴りをメイン攻撃とし魔法もそれなりに使える撲師を目指していますので、各ステータスに振り分けています。

最大攻撃力はINT・LUKを上げずに育成している撲師よりは低くなっていますが、魔法はサポートの攻撃としてある程度は使えるような状態ですので、狩対象モンスターが自分のLVよりもずっと下の場合は、魔法で攻撃した方が効率が上がる場面もあります。

※ 対象狩場により、武器を持ち替えています。



■ ノーマル状態(武器 : 日本列島 + 攻撃強化手袋)



■ ドーピング状態(武器 : 日本列島 + 攻撃強化手袋)



■ ドーピング状態(武器 : 漆黒の傘 + 魔法強化手袋 + 盾)




撲師の育成方に王道は無いと考えています。
各々が育てる方法こそが道となる筈、新たに撲師を目指す方の参考になれば幸いです。




育成情報 | 【2007-10-28(Sun) 10:59:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
殴り魔の種類
■ 殴り魔の種類

殴り魔にも、職業や育て方により多種多様な種類が存在します。逆に言いますと、育て方次第で自分の目指すところへと育成が可能だと考えています。そのなかから大まかな分類としての育成分類を記します。



■ 職業による分類

ゲーム内で魔法使いに割り当てられた職業として、大きく3つに分けられます。

・癒し系(クレリック・プリースト・ビショップ)
・火毒系(ウィザード・メイジ・アークメイジ)
・氷雷系(ウィザード・メイジ・アークメイジ)

上記の中から、どこかの道を選び育成していくこととなります。
この時、自分がどの様なキャラクターを育成して行くかを明確に持っていないと将来的に使えるスキルにより、プレイスタイルが変わってきますので心して決めましょう。
以下に大まかな特徴を記します。


■ 癒し系(クレリック・プリースト・ビショップ)
この系統は他2系統とは大きく違い、サポート、補助系のスキルがが豊富という点が挙げられます。例えば、物理ダメージを軽減する「ガード」(最大30%)、命中・回避・防御力を上げる「ブレス」、EXP取得量が上がる「ホーリーシンボル」などです。また、唯一3次職の段階から召喚魔法「サモンドラゴン」を使うことができます。補助スキルは魔力・INTに依存せずに、スキルLVによってのみの効果の為、魔法力が弱い殴り魔であっても、通常の魔法使いと同じ効果が得られます。


■ 火毒系(ウィザード・メイジ・アークメイジ)
特徴として、相手モンスターを毒状態にする事が可能であることが挙げられます。全ての相手に毒状態にさせる事は出来ないが、中毒状態に陥る相手にとっては有効な手段と言えます。
特に範囲攻撃で中毒症状にする「ポイズンミスト」は、大きな火力となる事が考えられます。但し、上記はすべて「相手に魔法が当たる」事を前提とした場合です。魔法を相手に当たるようにする点については、別途記します。


■ 氷雷系(ウィザード・メイジ・アークメイジ)

この職の特徴としては、相手の動きを凍らせる事により足止めできる点が大きい。相手を凍らせて置いて、その隙に殴る等、戦略的に立ち回れば強敵であってもダメージ無しで狩ることが出来る可能性を持っています。また、唯一2次職の段階から範囲攻撃魔法の「サンダーボルト」を習得可能であり、使い方、育て方によっては有効なスキルであると言えるでしょう。


以上が、大きな方向性としての職業別分類です。各職それぞれでスキルの能力に特徴がありますので、試行錯誤しながら、ご自分の狩スタイルや、遊び方を考えて行くといいと思います。また、今回は書いていませんが、育成方法により「有効なスキル」と「あまり効力が無い」スキルも出てきますのでご注意ください。

今後、ステータス振りによる育成分類もアップする予定です。


(詳細にスキルの事を調べたい場合は情報サイト様の方でお願いいたします)



育成情報 | 【2007-10-21(Sun) 18:42:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
殴り魔・撲師とは
■ 殴り魔とは
魔法使いの職業を選択しながらも、物理攻撃を主たる攻撃手段とし、育成をしているキャラクターの総称。

■ 撲師とは
殴り魔の多くはいわゆる「ネタキャラ」として、大して本気で育成されていないことが多いが、
極稀に本気で育成している方がいます。その方たちに敬意を表して「撲師」と呼んでいます。




育成情報 | 【2007-10-21(Sun) 17:44:26】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。